【ジャカルタ】財務省の予算長官、Askolani氏がインドネシアの年金基金管理は国際ベストプラクティス通りに十分な年金システムを生成する為、再設計される必要があると語った。

Askolani氏によると、年金基金業界はRp 561 trillionの2014年から2017年にRp 834 trillionに増加してきたにもかかわらず、年金基金はインドネシアの金融セクターに大きな役を未だに演じていないそうである。Askolani氏がこれまで、年金基金はインドネシアの金融セクターの2.5%のみを貢献した。しかも、それは銀行産業が支配されていると説明した。

「データはインドネシアの年金基金業界の潜在的な成長に関する十分な隙が未だにあると見せます。我々はどうやって将来的にインドネシアの年金システムを興し、設計するかに関して共有セッションで皆さんのパネリストや参加者からの提案に対して大変歓迎しております。」と2020年10月22日(木)にAskolani氏は「年金の最適な生態系を設計」と言うタイトルウェビナーで述べた。

Askolani氏が年金基金はその最大限の潜在的を達成する為、適切で慎重に管理されなければなりませんと語った。その上、年金基金管理は順当な投資ガバナンス、効果的リスク管理、透明、説明責任及び強力な監視を巻き込む必要がある。 (NR/MS)