【バンドン】公共事業・公営住宅省はPT Pindad (Persero)が製造された20台のPindad Excava 200と言う掘削機を購入した。その契約額はRp 28.056 billionである。

その掘削機は経済品質を達成し、災害緩和の為、インフラを建てる特筆すべき事績を持っている地方公共事業・公営住宅事務所に給与として授けられる。

公共事業・公営住宅省の橋総局の企画プログラム所長、Bowo Sudiatmanto氏によると、その契約は2018年の最初の契約後、公共事業・公営住宅省とPindadの間の二つ目の契約だそうである。

「Insyaallah(神許したまわば)、来年、公共事業・公営住宅省は国内産重機を使用する公共事業・公営住宅省の指示通り、Pindadから他の購入を行っていきます。」と2020年10月24日(土)に国営企業省のウェブサイト上に公式声明にSudiatmanto氏は述べた。 (NR/MS)