【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年10月26日)の最初の取引セッションの終わりに5,148.58、0.71%、36.39ポイント強化した。

最初の取引セッションに7つセクターは強化し、指数を増加させた。3.59%最大に伸びたセクターは建設セクターに発生した。一方、減少した3つセクターはインフラセクター、基礎産業セクター及び雑多工業セクターであった。

本日の最初の取引セッションのLQ45トップゲイナーはPT Media Nusantara Citra Tbk (MNCN)、PT Surya Citra Media Tbk (SCMA)及びPT Bank Mandiri Tbk (BMRI)であった。 (NR/LM)