【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年11月12日)の最初の取引セッションの終わりに5,477.14、0.59%、32.37ポイント低下した。午後まで、指数は5,460.30〜5,509.51の範囲内に動きを見せた。

最初の取引セッションに強化した4つセクターは消費財セクター、鉱業セクター、製造セクター及び農業セクターであった。残り6つセクターは低迷し、指数を下落させた。

本日の最初の取引セッションのLQ45トップ出遅れ株はPT Japfa Comfeed Indonesia Tbk (JPFA)、PT Bank Rakyat Indonesia Tbk (BBRI)及びPT Ciputra Development Tbk (CTRA)であった。 (NR/LM)