PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 1.525

-5 (-0,33%)

【ジャカルタ】請負業者会社、PT PP Tbk (PTPP)はRp 6.2 trillionに及ぶ2021年の設備投資を割当てる。その会社秘書役、Yuyus Juarsa氏がその予算の37%は有料道路の発展の為、使途されると語った。

Bisnisが報告されたように、その設備投資の割当計画は有料道路の発展(37%)が支配される。そして、その9%は不動産・住宅発展、その12%は地帯・空港発展、その33%は子会社の投資発展の為、使途される。

今年の設備投資はRp 3.38 trillionの2020年より二倍高い。それは2021年の業績を高める当社の努力として行われた。

PTPPの事業発展の上級副社長、I Gede Upeksa氏がその設備投資はRp 4.36 trillionの持越プロジェクトの投資額やRp 1.89 trillionの新投資額から成り立つと語った。 (NR/LM)