MPPA - PT. Matahari Putra Prima Tbk

Rp 254

-10 (-3,94%)

【ジャカルタ】Anderson Investments Pte Ltdは2013年にPrime Star Investment Pte Ltd (PSI)が発行されたUS$ 300 millionに及ぶエクイティー・リンク・インストルメントに対して交換可能権利(ER)を行使することによりPT Matahari Putra Prima Tbk (MPPA)の株主として正式に入っている。

情報開示から引用されたように、MPPAの親会社、PT Multipolar Tbk (MLPL)の会社秘書役、Natalie Lie氏がPSIとAndersonは2013年1月31日に交換可能権利申込協定を締結したと語った。「そのエクイティー・リンク・インストルメントは2013年2月18日にAndersonが取られており、完全に支払われました。交換可能権利(ER)は2021年1月31日にMPPAの1,402,947,000株に交換されることが出来ます。」とLie氏は述べた。

Lie氏がMPPAに先に通達を送った後、その交換可能権利(ER)は2021年1月26日(火)にAndersonが使用されていたと語った。Andersonがエクイティーに対して交換可能権利を行使して以来、PSIはMPPAの株式を持っていない。AndersonはTemasek Holdings (Private) Limitedが間接的に所有される事業体である。 (NR/LK/LM)