HRUM - PT. Harum Energy Tbk

Rp 5.250

-75 (-1,43%)

【ジャカルタ】採炭会社、PT Harum Energy Tbk (HRUM)は約25%伸びる生産目標を設定しており、オペレーティングマージンを優先している。

Harum Energyの取締役社長、Ray Antonio Gunara氏が当社は生産だけではなく、生産費をも増やす事に注力出来るよう、今年の業績を維持する事において首尾一貫したに留まると語った。「我々は生産費や将来の出炭の持続性により生産レベル均衡に関して注意を払います。」と彼は先週、述べた。

増える石炭価格の動量の最中に、生産だけではなく、輸出市場への売上高をも高める。当社が対象とされる高い石炭消費を持っている国々はタイ、バングラデシュ、フィリピン及びベトナムなどである。

2020年第3四半期、HRUMの収入はUS$ 136.1 million、前年比、32%低下したが、その純利益はUS$ 25.7 million、前年比、60.4%伸びた。 (NR/AM/LM)