NIKL - PT. Pelat Timah Nusantara Tbk

Rp 745

-5 (-0,67%)

【ジャカルタ】COVID-19の世界的流行の影響は2020年中、PT Latinusa Tbk (NIKL)の業績を浸食した。その売上は2019年に比べ、11.26%低く記録された。それはPT Latinusa Tbk (NIKL)の取締役社長、Jetrinaldi氏が2021年3月17日(水)に引用された2020年財務報告書に述べた。

Jetrinaldi氏が当社の売上高は2020年にUS$ 144.72 millionを記録され、US$ 163.08 millionの2019年に比べ、低下したと語った。「国内市場のブリキの需要や平均売価が減少するにつれて、その世界的流行の状態は販売量を低下させました。」と彼は述べた。

Jetrinaldi氏によると、この実績はUS$ 9.78 millionを記録された粗利益業績にも影響を与え、US$ 10.53 millionの2019年に比べ、7.17%低下したそうである。しかし、その粗利益率は6.46%の2019年に比べ、2020年に6.76%伸びた。一方、総包括利益は2020年にUS$ 2.51 millionを記録され、US$ 2.58 millionの2019年に比べ、低下した。

NIKLの商品は化学商品や塗料や食用油用缶や一般的の缶商品の形である。 (NR/LK/LM)