【ジャカルタ】PT Bank OCBC NISP Tbk (NISP)の株主は資本化を強化する計画の為、2020年の純利益を貯めない事に合意した。

その決定は2021年4月6日(火)に開催された定時株主総会の結果であった。その総会によれば、IDR 2.1 trillionの当社の全ての2020年の純利益は事業拡大や資本化比率を支援する為、使途される。

idnfinancials.comのデータによると、NISPは第三者資金をIDR 159 trillion、前年比、26%に増やせた。そして、その第三者資金の資金源の42%は当座勘定貯蓄勘定によるものであった。

NISPの取締役社長、Parwati Surjaudaja氏が当社の業績は低迷した国家経済の為、2020年中、厳しい時期を過ごしたと認めた。しかし、Surjaudaja氏が当社は業績を維持する為、戦略を行い続けると語り続けた。

「Bank OCBC NISPは常に向上されるデジタルチャネル機能を最適化することによって、常に個人や企業の両方である顧客のニーズを満たそうとしております。」とSurjaudaja氏は主張した。 (NR/KR/ZH)