【ジャカルタ】PT Pertamina (Persero)は内外の石油ガス田から石油ガスの生産成長の目標を追求し、来っとしの石油ガス備蓄を追加する為、US$ 10.7 billionの設備投資を割当てた。それはPT Pertamina (Persero)の会社通信・インベスターリレーションズの上級副社長、Agus Suprijanto氏が2021年4月13日(火)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Suprijanto氏が今年の設備投資の割当はUS$ 4.7 billionの2020年の設備投資の推定実現を超えたと語った。そして、設備投資の46%は上流石油ガス活動の為、その36%は精錬所と石油化学の発展の為、その18%は新再生可能エネルギー発展の為、使途される。

Pertaminaの幾つかの今年の目標は6億9600万バレルの追加石油ガス備蓄、前年に比べ、12%伸びる燃料油の販売量、392 BBTUに及ぶガス配布、5,020億標準立方フィートのガス透過性、500の家庭接続のガスネットワーク建設である。

他の目標はバイオガス発電所、太陽光発電所、地熱発電所及び4.5 GwHの電気生産の発展である。 (NR/LK/LM)