IRRA - PT. Itama Ranoraya Tbk

Rp 2.020

-80 (-3,96%)

【ジャカルタ】PT Itama Ranoraya Tbk (IRRA)は2021年第2四半期にAvimacと言う免疫調節新製品を販売し始めるにつれて、今年、80%〜100%伸びる収入と純利益を目指す。

経営陣が当社はその目標を達成する為、自動ディスポーザブル注射器(ADS)、血漿用アフェレーシス機械、抗原検査及び新製品のAvimacに頼ると語った。それは2021年4月22日(木)にインドネシア証券取引所における情報開示に述べられた。

2021年第2四半期に、当社はIDR 228.17 billionの収入を記録し、IDR 26.71 billionの2020年第2四半期に比べ、754.1%急上昇した。一方、その純利益は2021年第2四半期にIDR 20.91 billionを記録され、IDR 2.2 billionのみに及んだ2020年第2四半期に比べ、853.6%大幅に急上昇した。

2021年4月22日(木)にプレスリリースにおいて、IRRAの金融担当重役、Pratoto Raharjo氏が2021年4月22日(木)に開催された定時株主総会の間に、当社は一株当たりIDR 12に等しい2020年の純利益の30%の配当流通を話し合った。その配当支払いは2021年5月25日に行われる。そして、その配当付きは2021年4月30日に、その配当落ちは2021年5月3日に予定されたと語った。 (NR/AM/ZH)