SILO - PT. Siloam International Hospitals Tbk

Rp 4.850

-50 (-1,05%)

【ジャカルタ】PT Siloam International Hospitals Tbk (SILO)は2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 150 billion、672%伸びた純利益を記録した。

その増えた純利益は当社がIDR 1.44 trillionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 1.91 trillion、32.5%伸びた収入を記録した後、得られた。そして、当社は資材コストを36.3%から32.8%の収入に成功に削減し、運営費を29.5%から36.2%に減らした結果、純利益をIDR 150 billionに最高に記録出来た。

PT Siloam International Hospitals Tbk (SILO)の最高財務責任者、Daniel Phua氏が収入やコスト管理戦略を増やす経営陣の続行注力やCOVID治療実装や検査プログラムは利益性を高めていると説明した。

その純利益によって、その純利益率は1.3%の2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期に7.9%伸びた。同様に、その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)はIDR 303 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 483 billion、59%伸びた。その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)率は21%の2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期に25.3%伸びた。

そして、その黒字キャッシュフローはIDR 294 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 510 billion、73.4%伸びた。2021年第1四半期にその営業キャッシュフローはIDR 622 billion、49.2%伸びた。 (NR/AM/LM)