SRIL - PT. Sri Rejeki Isman Tbk

Rp 222

-8 (-3,60%)

【ジャカルタ】衣服・繊維会社、PT Sri Rejeki Isman Tbk (SRIL)の経営陣はUSD 350 millionのシンジケートローンの満期債務利子支払いに関してファシリティーエージェント(FA)に書簡を送った。それはSRILの金融担当重役、Allan Moran Severino氏が2021年5月6日(木)に情報開示に述べられた。

Severino氏によると、その書簡はファシリティーエージェント(FA)の確認を待つ必要があると言う条件で、2021年4月24日に満期した財務利子を支払うやる気の声明を含むそうである。「本日まで、当社はその確認を貰っておりません。」とSeverino氏は情報開示から引用されたように、主張した。

Severino氏が下がった格付は銀行や金融市場のファシリティーを得る可能性を減らす事により当社を差し障るとも語った。「より即時支払いの要望が起こる恐れがあります。」とSeverino氏は付け加えた。

フィッチ・レーティングス・インドネシアはSRILがUSD 350 millionのシンジケートローンの中からUSD 850 thousandの満期債務利子を支払い損なった為、その長期国家格付を「C (idn)」から「RD (idn)」に格下した。その格下げは満期債務利子支払いの為、設定された5日間の営業日の回復期間を終了した後、発生した。

フィッチ・レーティングス・インドネシアが当社は債券やローンや他の義務を支払い損なったと示されたが、破産状態や行政や管財又は当社の公式残務整理を果たしていないと発表した。 (NR/LK/ZH)