INAF - PT. Indofarma Tbk

Rp 2.900

-90 (-3,10%)

【ジャカルタ】上昇した医療機器の売上高はIDR 148.17 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 373.20 billion、151.88%急騰したPT Indofarma Tbk (INAD)の収入への一次な貢献者となった。

INADの財務報告によれば、2021年第1四半期に医療機器の売上高はIDR 175.49 billionを貢献し、698.13%急上昇した。医薬の売上高はIDR 197.72 billion、57.62%も伸びた。この業績はIDR 1.82 billionを記録された親会社に帰属する純利益につながった。それは2020年にIDR 21.43 billionの損失に比べ、立ち直った

PT Indofarma Tbkの金融担当重役、Herry Triyatno氏が医療機器の売上高は2021年第1四半期に当社の業績の親柱となっている。それは残り年の為、主要な成長者になれるよう、期待されると再び述べた。

医療機器セクターの有望な見通しは今年、IDR 2.55 trillionの収入目標を設定する為、INADを奨励させた。2020年に売上高の実現はIDR 1.72 trillionを記録された。INADは設備投資の為、IDR 31.4 billionをも割当てる。その資金は製薬機器や生薬機器や医療機器のメンテナンスの為、使途される。 (NR/AM/ZH)