HMSP - PT. Hanjaya Mandala Sampoerna Tbk

Rp 955

0 (0%)

【ジャカルタ】2021年5月27日(木)に開催されたPT HM Sampoerna Tbk. (HMSP)の定時株主総会は2020会計年度の一株当たりIDR 72.8の現金配当として純利益の割前を流通する事に合意した。

2021年4月30日まで、116,318,076,900株によって、その全現金配当はIDR 8.58 trillionの2020年の純利益から取られた約IDR 8.46 trillionに及ぶ。その配当額は2019年に流通されたIDR 13.93 trillion又は一株当たりIDR 119.8の配当より、小さい。2019年に、その配当性向は101.53%であった。

下がったその現金配当額はIDR 106.05 trillionの2019年に比べ、2020年にIDR 92.42 trillion、12.85%低下した収入に伴った。

PT HM Sampoerna Tbk. (HMSP)の取締役社長、Mindaugas Trumpaitis氏が社会的制限を通し、COVID-19世界的流行を乗り切る一歩は国内需要に影響を与えていると説明した。その上、下がった収入は24%の加重平均で増えたタバコ商品の国内消費税や46%伸びた小売売価が原因でもあった。これらの二つ要因は2020年に国家タバコ商品業界の容量を9.7%に削減させ、当社の業績に影響を与えた。

現在、2020年に28.8%の市場占有率を持っている当社は市場をリードしている。 (NR/AM/LM)