ZINC - PT. Kapuas Prima Coal Tbk

Rp 129

-1 (-0,78%)

【ジャカルタ】PT Kapuas Prima Coal Tbk (ZINC)は2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期に大幅に伸びた売上高と利益を記録した。その上、増えたレンタル所得と外国為替差益をも危篤した。

PT Kapuas Prima Coal Tbk (ZINC)の取締役社長、Harjanto Widjaja氏がその売上高は2021年第1四半期にIDR 228.40 billionを記録され、IDR 166.47 billionの2020年第1四半期に比べ、36.98%伸びた。そして、その粗利益はIDR 50.44 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 113.28 billionにも増加したと語った。

当社はIDR 21.49 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 80.91 billionに増加した税引き前利益を記録出来た。それはIDR 1.25 billionの外国為替差益やIDR 75 millionに増加したレンタル所得やIDR 10.10 billionの他の収入が支援された。又、その状態は利益をIDR 15.94 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 64.68 billionに増加させた。

最大の貢献者はIDR 108.63 billionを貢献した亜鉛の売上高によるものであり、IDR 43.80 billionを貢献した銀の売上高、IDR 32.79 billionを貢献した鉄精鉱の売上高、IDR 39.23 billionを貢献した方鉛鉱の売上高、IDR 3.93 billionを貢献した鉄鉱の売上高が続いた。 (NR/LK/ZH)