【ジャカルタ】暗号取引に対する公共の高い需要は5ヶ月、2021年5月末まで、IDR 370 trillionに及んだ。通商大臣、Muhammad Lutfi氏が暗号資産は下流デジタル経済に重要な業者となるとも評価した。

その上昇した取引額は400万人を記録された2020年に比べ、今、650万人に増えた暗号資産の業者に伴う。

Lutfi氏が暗号資産は特に、インドネシアのデジタル経済に広く使用されている5Gネットワークやモノのインターネット(IOT)など他の関連インフラが支援される場合、デジタル経済の下流になると更なる語った。

「我々は好むと好まざるとにかかわらず、欲しいかどうかを気づかなければなりません。通商省は契機としてこのセクションを見なければなりません。」とLutfi氏は2021年6月17日(木)に暗号資産熱の管理に関するオンライン会談に説明した。

これは約IDR 65 trillionのみに及んだ2020年に比べ、2021年5月まで、IDR 370 trillionに増加した暗号資産が証明される。通商省やその関連関係者は暗号資産の市場発展につれて、その規制案を立て続けていく。 (NR/AM/LM)