【ジャカルタ】蔵相、Sri Mulyani氏はCOVID-19や国家経済回復の為、割当てられる全予算をIDR 699.43 trillionからIDR 744.75 trillionに増やしていると述べた。

Sri Mulyani氏が増えたインドネシアのCOVID-19事件は政府がその予算を改修させた。最大の総額は保健関連予算の為、IDR 214.95 trillionを割当てられる。閣議の間に、それはIDR 193.9 trillionの最初の割当からIDR 21.05 trillionに増加したと更なる語った。

Sri Mulyani氏によると、最も広範囲な増加は社会的保護予算に発生した。それはIDR 33.9 trillionを増やせ、IDR 153.8 trillionからIDR 187.8 trillionとなったそうである。その数字は推定された追加のCOVID-19患者の請求、緊急病院支給、公共活動制限(PPKM)強制に関する種痘加速を含める。

一方、財務省は割当てられたIDR 62.8 trillionのビジネスインセンティブ予算を変更しない。 (NR/AM/ZH)