ADES - PT. Akasha Wira International Tbk

Rp 6.200

-25 (0%)

【ジャカルタ】パッケージ飲料メーカー、PT Akhasa Wira International Tbk (ADES)は2021年上期にIDR 89.89 billionの当年利益を記録した。それはIDR 39.22 billionを記録された2020年上期に比べ、増加した。その実績は増えた化粧品の売上高が主に支援された。

本日(2021年8月27日)、公表された2021年上期の財務報告書において、PT Akhasa Wira International Tbk (ADES)の取締役社長、Wihardjo Hadiseputro氏がその全売上高はIDR 375.03 billionを記録されたと述べた。ボトルウォーターの売上高はIDR 192.43 billionを、化粧品の売上高はIDR 182.59 billionを貢献した。2020年上期に、その全売上高はIDR 319.88 billionのみを記録された。ボトルウォーターの売上高はIDR 193.19 billionを、化粧品の売上高はIDR 126.68 billionを貢献した。

2021年上期、国内的にIDR 250,17 billionを貢献したジャワは市場を支配した。そして、IDR 57.52 billionを貢献したカリマンタン、IDR 33.44 billionを貢献したスマトラ及びIDR 33.03 billionを貢献した他の市場地域が続いた。一方、輸出市場はIDR 859 millionを貢献した。

その粗利益は2021年上期にIDR 187.08 billionを記録され、IDR 153.36 billionを記録された2020年上期に比べ、増加した。そして、その営業利益は販売費や一般管理費やその他の所得費の効率の為、IDR 45.10 billionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 109.76 billionに増加した。増えた所得と下がった経費の為、その税引き前利益はIDR 47.32 billionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 113.95 billionに増加した。 (NR/LK/ZH)