IRRA - PT. Itama Ranoraya Tbk

Rp 1.090

-10 (-0,92%)

【ジャカルタ】医療装置・機器ディストリビューター、PT Itama Ranoraya Tbk (IRRA)は保健省から5,000万の自動無効化注射器(ADS)の購入契約を得た。その自動無効化注射器(ADS)の容量は0.3 mlであり、0.5 ml注射器を使用する他のワクチン注射器とは異なる。

本日(2021年9月1日)、引用されたプレスリリースにおいて、PT Itama Ranoraya Tbk (IRRA)の取締役社長、Heru Firdaus Syarif氏が保健省が発注されたその注射器はPfizer/BioNTechワクチンを注射する為、使用されると語った。これらはPfizer IncとBioNTechが生産されたCOVID-19ワクチンである。「この契約はCOVID-19種痘プログラムに対して保健省から取得された今年の初となります。」とSyarif氏は述べた。

Syarif氏によると、昨年以来、自動無効化注射器(ADS)の売上はCOVID-19パンデミックにつれて、増えているそうである。その上、このような注射器種類の売上は世界保健機関が設定された一定の注射器となる為、激増していく。「60%に及ぶ現地調達水準を持っているこれらの注射器は当社の姉妹会社、PT Oneject Indonesiaが生産されます。」とSyarif氏は述べた。

Syarif氏が自動無効化注射器(ADS)の最大の購入はCOVID-19ワクチンと予防接種のニーズの為、政府機関によるものである。しかし、非政府機関は低くても増えた売上貢献を見せたと語った。 (NR/LK/ZH)