ROTI - PT. Nippon Indosari Corpindo Tbk

Rp 1.405

-5 (-0,36%)

【ジャカルタ】PT Nippon Indosari Corpindo Tbk (ROTI)は2021年上期にIDR 121.8 billionの純利益を記録した。それは2020年上期に比べ、33.2%伸びた。

ROTIの取締役、Ida Simatupang氏がその実績は2021年上期にIDR 1.56 trillionに及んだ収入が支援されたと語った。「物流効率は新工場を最適化し、計算されたマーケティングとプロモーション戦略の実装、生産性を集合的に高めることにより2021年上期に運営費を削減させております。」とSimatupang氏はidnfinancials.comが貰った公式声明に更なる述べた。

当社は様々な地域における一日当たり500万枚のパンの全生産能力を持っている14工場を管理していると記録される。パレンバンの新工場の建設を完成した後、来年頭、追加の生産能力を見込む。

2021年6月末まで、ROTIはIDR 124 billion又は83%の設備投資を使途している。今年、その設備投資をIDR 150 billionに設定した。「これはインドネシアにおける増えるベーカリー製品の需要見通しに対する当社のコミットメントの証拠です。」とSimatupang氏は更なる述べた。 (NR/KR/ZH)