SFAN - PT. Surya Fajar Capital Tbk

Rp 1.530

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Mareco Prima Mandiriを通じて、PT Surya Fajar Capital Tbk (SFAN)が所有され、開発されるデジタル財布、DipayはBank Indonesia (BI)からクイックレスポンスインドネシア規格(QRIS)を使用する取引手続きする許可を得ている。

PT Surya Fajar Capital Tbk (SFAN)の取締役兼会社秘書役、Evie Feniyanti氏によると、QRISの認定は2021年9月6日に貰ったそうである。「この許可書は屹度、Dipayや当社(SFAN)に好影響を与えます。」とFeniyanti氏は本日(2021年9月9日)、インドネシア証券取引所における情報開示に述べた。

その上、Feniyanti氏がDipayはデジタル財布サービスの範囲を拡大出来ると考える。その利用者は今、国家規格によって、デザインされたQRコードを使用し、非現金支払いをアクセス出来る。

idnfinancials.comのデータによると、Mareco PrimaはPT Digitalisasi Perangkat Indonesia (DPI)を通じて、Surya Fajar Capitalが間接的に所有される会社である。2021年6月に、Mareco PrimaにおけるDPIの所有権は82.8%を記録される一方で、SFANはDPIの99.99%株を支配している。

情報上、Mareco Primaは2020年9月にSFANからIDR 7.5 billionの追加資本を得た。それはMareco Primaが注力される事業を展開する為、使途された。 (NR/KR/ZH)