BNII - PT. Bank Maybank Indonesia Tbk

Rp 392

+14 (+3,57%)

【ジャカルタ】PT Central Proteina Prima Tbk (CPRO)の子会社、Blue Ocean Resources Pte Ltd (BOR)は債権者から債務手形の再割当を確認した後、USD 162.46 millionの債務手形リストラの手続きを完成する。

PT Central Proteina Prima Tbk (CPRO)の会社秘書役、Armand Ardika氏が当社は先週(2021年9月15日)、債権者と優先債務ファシリティー契約を締結したと語った。「この契約締結はBORにおけるCPROの所有権に関する株式チャージ契約やCPROの子会社の株式質権や企業保証をも含めます。」とArdika氏は2021年9月20日(月)に引用された情報開示に詳しく述べた。

その優先債務ファシリティーはUSD 51.51 millionのトランシェAとUSD 25 millionのトランシェBを含む。トランシェAは債務者が所有され、ローンに転換されることが出来、2025年12月31日まで、有効となる。一方、トランシェBはLucra Investments VCCから新しく得られたローン、その期限は2026年3月31日まで、終了する。

情報上、トランシェAの提供者はロンドン支社のDeutsche Bank AG、Nomura International PLC、Protek Financial Service Inc、Mansha Holding Ltd, Cerunos Capital Partners Ltd、VR Global Partners, LP、PT Bank Maybank Indonesia Tbk (BNII)、Barnsbury Holdings、Investment Opportunities V Pte, Limited及びPT Sucor Sekuritasである。

「そのファシリティー契約の締結と保証書類によって、BORは債務手形を成功にリストラしております。斯くて、その債務手形に関する義務を持っておりません。」とArdika氏は述べた。

Ardika氏によると、その契約後、2021年10月まで、記録されるBORのUSD 162.46 millionの債務手形の51%は現在、USD 76.51 millionのローンになるそうである。(NR/LK/ZH)