KAYU - PT. Darmi Bersaudara Tbk

Rp 50

0 (0%)

【ジャカルタ】加工木材製品メーカー、PT Darmi Bersaudara Tbk (KAYU)が2022年に収入はIDR 114.6 billionに及ぶと推定する。今年、予測されたIDR 19.07 billionの収入に比べ、増加する。2020年の実現に比べ、下がる収入予測は輸出先のパンデミックロックダウンが原因である。

PT Darmi Bersaudara Tbk (KAYU)の取締役社長、Nanang Sumartono Hadiwidjojo氏が2022年に、その粗利益はIDR 19.22 billionに、その純利益はIDR 7.45 billionに及ぶと予測されると語った。「COVID-19パンデミック事件は徐々に低下する仮定として、輸出を含め、経済状態は何時も通りに運営されております。」とHadiwidjojo氏は本日(2021年9月20日)の情報開示から引用されたように、述べた。

Hadiwidjojo氏によると、今年、下がった収入は公共活動制限強制(PPKM)の為、輸出を支援する要因を興していない為だそうである。2021年8月まで、その販売量はIDR 4.3 billionに及ぶ891.35立方メートル又は44容器のみに及ぶ。斯くて、その粗利益はIDR 3.19 billionに、その純利益はIDR 1.23 billionに及ぶと予測される。

一方、2020年に、その売上高はIDR 74.08 billionを、その粗利益はIDR 96.24 millionを、その純利益はIDR 379.89 millionを記録された。その売上高の90%は輸出市場によるものであった一方で、その残り10%は国内市場によるものであった。「2020年に、その輸出はIDR 64.06 billionの488容器を記録されました。」とHadiwidjojo氏は更なる述べた。 (NR/LK/ZH)