KAEF - PT. Kimia Farma Tbk

Rp 2.970

-120 (-4,04%)

【ジャカルタ】PT Kimia Farma (Persero) Tbk (KAEF)は2021年上期にIDR 53.39 billionの当年純利益を記録し、IDR 51 billionの2020年上期に比べ、増加した。それは増えた収入に伴った。

本日(2021年9月24日)、公開された2021年上期の財務報告書において、PT Kimia Farma (Persero) Tbk (KAEF)の取締役社長、Verdi Budidarmo氏がその売上高はIDR 5.55 trillionを、その粗利益はIDR 1.86 trillionを記録されたと語った。2020年上期に、その売上高はIDR 4.86 trillionを、その粗利益はIDR 1.78 trillionを記録された。

2021年上期末まで、その売上高の最大の貢献者はIDR 5.46 trillionを貢献した国内市場とIDR 120.82 billionを貢献した輸出市場であった。

運営上セグメントの最大の貢献者はIDR 2.28 trillionを貢献した小売の売上高、IDR 1.71 trillionを貢献した配布、IDR 851 billionを貢献した製造、IDR 709.06 billionを貢献したその他によるものであった。医療用医薬品の売上高はIDR 1.75 trillionを、後発品の売上高はIDR 1.16 trillionを、医療設備・診療所サービス・クリニック研究所はIDR 1 trillionを記録された。そして、その残り売上高は市販薬・ワクチン・避妊薬の売上高によるものであった。(NR/LK/ZH)