KPAS - PT. Cottonindo Ariesta Tbk

Rp 62

0 (0%)

【ジャカルタ】木綿メーカー、PT Cottonindo Ariesta Tbk (KPAS)は昨年以降、COVID-19パンデミックの為、業績が下がった後、来年、売上は完全に正常に戻らないと予測した。それはPT Cottonindo Ariesta Tbk (KPAS)の会社秘書役、Johan Kurniawan氏が2021年10月1日(金)に引用された情報開示に述べられた。

「2022年に、当社は立場を少なくとも70%の国内市場を徐々に取り戻し、輸出市場を追加します。」とKurniawan氏は述べた。

Kurniawan氏によると、来年、継続するパンデミックシナリオを考慮し、その目標は向上する財務立場と伴うそうである。しかし、当社はCOVID-19の前の状態のように、2023年まで、100%回復すると楽観的である。

現在、当社の工場営業は停止されており、工場利用を設備容量以下低下させる。その状況は財務状態を減少させ、果たさない義務につながる。2021年6月まで、当社はIDR 19.36 billionの収入を記録し、IDR 35.79 billionの2020年上期に比べ、低下した。

「当社は近い朝来に、営業を徐々に再開する場合、工場営業は最初に20%〜30%に及びます。」とKurniawan氏は述べた。 (NR/LK/ZH)