ADHI - PT. Adhi Karya (Persero) Tbk

Rp 1.085

-10 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Adhi Karya (Persero) Tbk (ADHI)は昨日(2021年10月18日)、ジャカルタ外環状道路(JORR)有料道路に架かるLRTジャボデタベックの試運転を完成した。その試運転はADHIが東ジャワ州のマディウンにおけるPT Industri Kereta Api (Persero) (INKA)が製造された最終の列車編成を貰った後、行われた。

PT Adhi Karya (Persero) Tbk (ADHI)の会社秘書役、Farid Budiyanto氏がその試運転は使用する公共にとって安全だと確かめる為、最初に行われる必要があると説明した。「その一つのプロジェクトはドバイの74キロメートルの橋の最長の橋の一つを超える90キロメートルの橋を含めます。」とBudiyanto氏は本日(2021年10月19日)、引用されたプレスリリースに述べた。

その試運転前、ADHIは2021年10月17日(日)にワンシングルシリーズの6台の列車を含み、第31列車編成の配送を貰ったばかりである。その列車編成は最終配送であった。その初列車編成は2019年10月にINKAから配送された。

2021年9月まで、ADHIはジャボデベク(ジャカルタ、ボゴール、デポック、ベカシ)の統合LRT建設の初期段階の87.54%を完成している。チャワン−チブーブルの一番線の建設進歩は93.94%に、チャワン−ドゥク・アタスの二番線の建設進歩は87.99%に、チャワン−ブカシ・ティムールの三番線の建設進歩は92.25%に、列車デポの建設進歩は55.85%に、その三つ線の18駅を含め、駅の物的な建設進歩は90%に及んでいる。 (NR/LK/ZH)