ジャカルタ-産業省は、デジタル技術の適用の成功を含め、グローバルな分野で国内産業の能力を実証するために努力を続けています。インダストリー4.0へのこの変革は、Making Indonesia4.0ロードマップの実装の具体的な現れです。

「政府は、インドネシアを4.0にするという大きな目標を実現できると楽観視しています。つまり、インドネシアを2030年までに世界で最も経済力のある10か国の1つにすることです。」ドバイビジネスフォーラムエキスポ2020で、アグスグミワンカルタサスミタ産業大臣は、インドネシアの産業4.0-電子自動車産業、現地時間土曜日(23/10)をテーマに述べました。

産業大臣は、2018年に開始された当初、Making Indonesia 4.0ロードマップは、デジタル化の実装において開発の優先事項を受け取った5つの産業セクター、すなわち食品および飲料、繊維および衣料、自動車、電子機器、および化学産業を設定したと述べました。

しかし、時間の経過とともに、特にCovid-19のパンデミックの際に、政府はさらに2つのセクター、つまり製薬業界と医療機器業界を追加しました。これら2つのセクターは、パンデミックの真っ只中に成長することができるため、将来の国民経済を支える大きな可能性を秘めています。 (LM / PW)