【ジャカルタ】インドネシアの外債は2021年第3四半期末まで、USD 423.1 billionに及んだ。それはUSD 408.1 billionの2020年第3四半期に比べ、3.7%伸びた。しかし、それはUSD 423.9 billionを記録された2021年8月に比べ、低下した。

Bank Indonesia (BI)の通信部長、社長、Erwin Haryono氏がこの増した外債は増えた公債と民間債務の結果であったと語った。「その外債は制御下にあると考慮され、それは37.5%の以前の四半期より、37%低い国内総生産対比率を見られます。」とHaryono氏は2021年11月15日(月)に引用されたプレスリリースに述べた。

その外債はUSD 205.5 billionの政府債務、USD 9.1 billionの中央銀行債務を含め、USD 214.6 billionを記録された。そして、民間債務はUSD 42.8 billionの金融機関とUSD 165.6 billionの非金融機関を含め、USD 208.4 billionを記録された。

2020年第3四半期末まで、政府債務はUSD 197.3 billionを、中央銀行債務はUSD 2.7 billionを記録された。一方、民間債務はUSD 44.86 billionの金融機関とUSD 163.9 billionの非金融機関を含め、USD 208.02 billionを記録された。 (NR/LK/ZH)