TNCA - PT. Trimuda Nuansa Citra Tbk

Rp 1.715

-120 (-7,00%)

【ジャカルタ】物流・倉庫を経営する会社、PT Trimuda Nuansa Citra Tbk (TNCA)はIDR 100.98 billionでPT Asuransi Staco Mandiri (ASM)を取得している最中である。その企業行動の資金源は一株当たりDIR 100の8億株の株主割当発行によるものである。

2021年11月17日(水)に引用された情報開示において、PT Trimuda Nuansa Citra Tbk (TNCA)の取締役、Marius Obbert Mulia氏が当社は一株当たりIDR 500 thousandで96,174株を購入し、IDR 126.80 billionでASMが発行された143,826新株をも購入すると語った。その企業行動の全取引額はIDR 227,79 billionに及び、2021年6月に記録されたIDR 40.42 billionの持分の50%を超えた。

「当社はASMの各株主との条件付き株式売買契約の修正と言換えに関する締結手続きをしております。」とMulia氏は述べた。

株式を売却するASMの株主はDana Pensiun Bank Mandiri Dua (DPBMD)、Yayasan Kesejahteraaan Pensiun Bank Dagang Negara (YKPBDN)、PT Tugu Pratama Interindo (TPI)、Dana Pensiun Pertamina (DPP)、Dana Pensiun Karyawan BPJS Ketenagakerjaan (DPKJ)、Dana Pensiun Karyawan Taspen (DPKT)、PT Quartasonni Puteri (QP)、Dana Pensiun Jasa Raharja (DPJR)、PT Asuransi Ramayana Tbk (ASRM)、Dana Pensiun PT Asuransi Jasindo (DPAJI)である。

現在、ASMの公称資本はIDR 115 billionを、その発行・払込資本はIDR 78.08 billionを、そのポートフォリオの株式はIDR 36.91 billionを記録される。そして、その株主構成はDPBMD(63.68%)、YKBDN(Aシリーズ)(7.68%)、YKBDN(Bシリーズ)(5.89%)、TPI(5.28%)、DPP(3.73%)、DPKJ(3.02%)、DPKT(3.02%)、QP(2.21%)、DPJR(2.11%)、ASRM(1.87%)、DPAJI(1.51%)である。 (NR/LK/ZH)