【ジャカルタ】PT Perusahaan Listrik negara (Persero) (PLN)が第3水力発電所アサハンは2024年に運航を開始すると予測する。その水力発電所プロジェクトはIDR 5 trillionの投資を費やし、北スマトラで電気をより多く配電する為、日本政府との連携プロジェクトである。

PLNの北スマトラの開発担当総支配人、Octavianus Padudung氏が第3水力発電所アサハンは174メガワット(MW)の容量を持っていると語った。「我々はCOVID-19パンデミックにも拘らず、そのプロジェクトを予定通りに完成するとコミットします。」とPadudung氏は2021年12月3日(金)に引用されたプレスリリースに述べた。

その上、PLNがアサハン川の建設を開始し、取水堰の建設を直に行われることが出来るよう、河川分水路に流すと語った。下流において、地下パワーハウス建設の掘削プロジェクトは2021年5月に完成された。

Padudung氏によると、パワーハウス掘削の完成は成功に完成されたプロジェクト全体の重要な段階の一つだそうである。その後、その発電所の残り建設はより効率的になる。「この発電所の運航は北スマトラの送電の元金コストを削減するでしょう。」とPadudung氏は述べた。 (NR/LK/ZH)