BUKK - PT. Bukaka Teknik Utama Tbk

Rp 1.050

+20 (+1,90%)

【ジャカルタ】PT Bukaka Teknik Utama Tbk (BUKK)はIDR 2.2 trillionの投資を持っているカッレンデル−ハミルトン橋の入れ替えと重複プロジェクトを得た。

BUKKの取締役社長、Irsal Kamarudin氏が当社はこのプロジェクトに関する官民提携を既に締結していると語った。「このプロジェクトはバンテン州、西ジャワ州、中部ジャワ州、東ジャワ州における37ヶ所で実行されます。」とKamarudin氏はインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示を通じて、述べた。

詳細的に、その契約は12年間以内に有効となる。合意された建設期限は2年間であり、そのメンテナンス期限は10年間である。その橋の建設とサービスはBUKKの子会社、PT Baja Titan Utamaが取り扱われる。

Baja Titanは建設期限を終了した後、10年間の利用可能な支払いを通じて、支払いを得る予定である。毎年の利用可能な支払いはIDR 477.87 billion(付加価値税抜き)に及ぶ。

「この契約によって、当社は特に、鋼橋プロジェクト、橋建設事業ポートフォリオを加わります。」とKamarudin氏は述べた。 (NR/KR/ZH)