【ジャカルタ】資本市場に得られた全資金は2021年12月7日まで、IDR 335.8 trillionに及んだ。それは異なる180社の公募によるものであった。その総額はIDR 118.7 trillionを記録された2020年に比べ、ほぼ倍増した。

金融庁(OJK)の監査役会長、Wimboh Santoso氏は本日(2021年12月9日)、インドネシア共和国の衆議院の第11委員会との業務木々の間にその数字を発表した。「その上、年末まで、直に行われるIDR 13.99 trillionの価値を持っている11公募があります。」とSantoso氏は述べた。

Santoso氏によると、20代後半又はミレニアル世代が支配される小売投資家の増加は里程標を支援しているそうである。金融庁(OJK)のデータによれば、2021年11月まで、資本市場の投資家数は720万名に及び、その59.81%はミレニアル世代の小売投資家であった。その数字は54.9%の2020年12月に比べ、伸びた。

Santoso氏が資本市場に収集される資金に関する意気込みや楽観は堅固な根本的が支援され、回復した経済状態を示したと評価した。「金融庁(OJK)は供給ベースを増やし続けようとしております。例として、新たな経済起動から新規株式公開を行う発行者予定者を収容する事です。」とSantoso氏は述べた。 (NR/AM/ZH)