【ジャカルタ】インドネシアのオンライントゥ オフライン自動車新興会社、OtoklixはAlpha JWC VenturesやAC VenturesやSurgeなどの他投資家からUS$10 million又は約IDR140 billionのAシリーズ資金調達を得たばかりである。

Otoklixの創設者の一人兼最高経営責任者、Martin Suryohusodo氏がその資金調達は自動車商品向けアフターサービスを変換するOtoklixの特命を支援すると語った。その理由は自動車商品向けアフターサービスは透明度が低いと考慮される。

「我々は透明度及び信頼は自動車アフターサービスセクターの最大の問題だとと考えます。」とSuryohusodo氏はidnfinancials.comが貰った公式声明に述べた。

Suryohusodo氏が車両の所有者はOtoklixを通じて、最も近く簡単にアクセス出来る修理屋に関する包括的勧めを貰うと語った。一方、修理屋の所有者はOtoklixが提供されるサプライチェーンマネジメント(CM)や顧客関係管理(CRM)とアシストされる。

Alpha JWC Venturesの共同創設者兼ゼネラルパートナー、Jeffrey Joe氏が自動車サービス産業は現在、かなり迅速に増していると語った。その産業はUS$21 billionの自動車の年間売上高に比べ、倍増すると推定される。

「Martin氏の経験が支援される都雅な技術及びこの分野の強力なチームはOtoklixの事業をより有望にさせ、投資家にとって魅力的です。」とJoe氏は述べた。

情報上、Otoklixは2019年に設立され、現在、1,900以上の能動的な修理屋と連携されている。 (NR/KR/LM)