【ジャカルタ】本日、Bank Indonesia (BI)は銀行間振込み料金をIDR 2,500に可能にさせるBIファーストペイメントを正式に打上げた。これまで、21銀行はこの最新のBIファーストペイメントプログラムに関与すると記録された。

Bank Indonesia (BI)の総裁、Perry Warijyo氏がBIファーストペイメントはインドネシア全土のユーザー向けの個人信用振込みの為、利用可能であると語った。そのサービスは一括クレジットや口座引き落としや支払請求を含め、一般的に小売取引を広げられる。「続いて、BIは人的資源や技術やシステムを準備する為、全支援を提供していきます。」とWarijyo氏は本日(2021年12月21日)、BIファースト打上げの間に述べた。

Warijyo氏によると、本日(2021年12月21日)、初期段階にBIファーストを打上げる準備が出来ている21銀行及びシャリーアユニットがあるそうである。その銀行はBTN、DBS Indonesia、Bank Permata、Bank Mandiri、Bank Danamon、CIMB Niaga、BCA、HSBC、UOB、Bank Mega、BNI、BSI、BRI、OCBC NISP、UUS BTN、UUS Permata、UUS CIMB Niaga、UUS Danamon、BCA Syariah、Bank Sinarmas、Citibank、Bank Wooriである。

Warijyo氏が第2段階の間にBIファーストを打上げる準備が出来ている他機関は2022年1月第4目日曜日に行われるとも語った。それらはインドネシア中央証券保管(KSEI)、Bank Sahabat Sampoerna、Bank Harda Internasional、Bank Maspion、KEB Hana、BRI Agroniaga、Ina Perdana、Bank Mantap、Bank Nobu、UUS Jatim、Jatim、Multi Artha Sentosa、Bank Mestika Dharma、Bank Ganesha、UUS OCBC NISP、bank Digital BCA、UUS Sinarmas、Bank Jateng、UUS Jateng、Standard Chartered、BPD Bali、Bank Papuaである。「我々は2022年に、全産業者は公共ニーズの為、BIファーストを既に利用出来るよう、期待します。」とWarijyo氏は述べた。

中央銀行は銀行及び非銀行機関である参加者にBIファーストの価格を取引当たりIDR 19に設定した。一方、機関からユーザーへの振込み料金制限は取引当たりIDR 2,500に設定された。BIはその初期段階の運営において一秒当たり2,000の取引を対応することにより、一日当たり3,000万の取引を取り扱うサービスを提供した。 (NR/AM/ZH)