GTSI - PT. GTS Internasional Tbk

Rp 58

-1 (-2,00%)

【ジャカルタ】運送会社、PT GTS Internasional Tbk (GTSI)の子会社、PT Hikmah Sarana Bahari (HSB)は来年、BP Berau Ltdから液化天然ガスの貨物輸送契約を得る。その契約は2022年1月7日にHSBの取締役社長兼GTSIの会社秘書役、Dundun Widodo氏及びBP Berai Ltdのアジア太平洋調進配送担当部長、Herbiana Wintawati氏が締結された。

2022年1月17日(月)に引用された情報開示において、GTSIの取締役社長、Kemal Imam Santoso氏がHSBはEkaputra-1船舶の運送経営会社としてPT Humolco LNG Indonesiaに対してBP Indonesiaが行われた査定を完成したと語った。「その査定は上流石油ガス事業活動特務タスクフォース(SKK Migas)が設定された請負業者安全管理システムに関する必要条件として行われました。」とSantoso氏は述べた。

Ekaputra-1は西パプアにおける建てられたタングー港でBP Berau Ltdが経営されるタングーLNGリグから液化天然ガスを運送する。その積載港湾はアルン港、西ジャワ浮体貯蔵再ガス化ユニット(FSRU)、ランプン浮体貯蔵再ガス化ユニット(FSRU)、ジャワサツ浮体貯蔵再ガス化ユニット(FSRU)を含め、何ヶ所で建てられる計画である。

「我々はタングーから西部インドネシアの幾つかのターミナルまでの液化天然ガス運送契約に関して誇りに思っております。」とSantoso氏は述べた。 (NR/LK/ZH)