TNCA - PT. Trimuda Nuansa Citra Tbk

Rp 700

+20 (+3,00%)

【ジャカルタ】一株当たりIDR 100で8億株の株主割当発行の計画を通じて、PT Trimuda Nuansa Citra Tbk (TNCA)の50%以上の所有権を持っているPT Kolaborasi Usaha Indonesia (KUI)はTNCAの新支配株主となる。株主割当発行は2022年1月19日(水)に開催される臨時株主総会で決定される。

2022年1月18日(火)に引用された情報開示において、KUIは2021年12月20日にスタンバイバイヤー契約を締結された後、TNCAに組み込まれる。KUIはその企業行動に資金を預金する事に合意した。これまで、他の株主は資本投資として非現金資産を預金する計画を発表していない。

その株主割当発行の収益はIDR 100.98 billionでPT Asuransi Staco Mandiri (ASM)の株式を取得する為、ASMにおけるTNCAのIDR 126.80 billionの資本投資に資金を提供する為、使途される。

KUIの公称資本はIDR 284.4 billionを、その発行・払込資本はIDR 284.4 billionを記録される。そして、その株主構成はStreetcorner Ecommerce Limited (SEL)(99.98%)、Ali Imron氏(0.02%)である。情報上、SELはSilvrr Technology Co Ltdが100%所有される。

2021年12月現在、TNCAの株数は4億2,164万株に及ぶ。そして、その株主構成はPT Asuransi Intra Asia (AIA)(5%)、PT Akulaku Silvrr(32%)、Holyhead East Limited(27%)、公共投資家(36%)である。 (NR/LK/ZH)