【スマラン】ライオンエアグループ会員、Wings Air(便名IW)はスマランを通じて、中部ジャワ中をつなげることによって、ジェンダール・アフマド・ヤニ国際空港(SRG)から西カリマンタン州のクブラヤにおけるポンティアナックスパディオ国際空港まで、2021年1月28日に予定される新航空路を開通する。

その初便に関して最高の価格を提供し始めている。スマラン-ポンティアナック行きの価格はIDR 804,600から始める。そして、ポンティアナック-スマラン行きの価格はIDR 794,600から始める。

初期段階の便は一週間7回又は毎日一回、予定される。それは妥当であると考慮される。そして、それは事業家や観光客のニーズを収容されることが出来るよう、期待される。その出発・到着時刻は同日である。IW-1874の便名を使用し、午前7時30分にスマランを出発し、午前9時30分にポンティアナックに到着する。そして、IW-1875の便名を使用し、午後1時40分にポンティアナックを出発し、午後3時30分にスマランに到着する。

飛行経験を提供する努力において、72席のエコノミークラス座席、2-2の環境設定を持っているATR 72-500又はATR 72-600のプロペラ種類と言う航空機を準備している。

当社がその新航空路の利用可能は政府のプログラム通りの地域展開においてその都会の両方における様々なセクターにおいて経済回復をも支援すると楽観的である。「西カリマンタン州と中部ジャワ州」の連結性は農園センターや鉱山業やその他のセクターの成長を持っている新たな経済センターの一つとして益々開かれる。 (NR/LM)