【ジャカルタ】雇用社会保障局(Badan Penyelenggara Jaminan Sosial (BPJS) Ketenagakerjaan/BP Jamsostek)は2021年にIDR 35.36 trillionの投資額を記録した。それは期待された目標より、5.45%低下したが、2020年に比べ、9.37%伸びた。

BP Jamsostekの取締役社長、Anggoro Eko Cahyo氏が2021年に、BP JamsostekはIDR 32.12 trillionの新規資金(投資準備基金)を実現したと語った。それは昨年に比べ、4.35%低下した。

「しかし、その得られた投資は9.37%伸びることが出来ます。斯くて、我々はより高い利潤を得る為、低い新規資金を最適化しようとしていると言う事です。」とCahyo氏は2022年1月20日(木)にインドネシア共和国の衆議院第9委員会との公聴会で述べた。

Cahyo氏によると、2021年にBPJS Ketenagakerjaanの全投資管理資金はIDR 553.5 trillionを記録され、前年比、13.64%伸び、設定された目標より2.05%伸びたそうである。過半数のその資金の81.8%は固定収入投資商品に預けられた。そして、その17.8%はエクイティベース商品に預けられた。その1%未満は直接投資の為、割当てられた。一方、利用者から得られた手数料はIDR 79.12 trillion、8%伸びた。そして、請求額はIDR 42.89 trillion、20.98%伸びた。「これが2021年に新規資金の実現を減少させた原因です。」とCahyo氏は述べた。 (NR/AM/ZH)