【ジャカルタ】インドネシア政府は財務省の予算金融リスク管理総局を通じて、年毎に4.9%の利札を持っている小売国債(ORI021)を正式に売却する。

小売国債(ORI021)の最小限の注文はIDR 1 millionに、その最大限の注文はIDR 2 billionに設定される。その小売国債(ORI021)は二次的市場に国内の投資家のみに売買される。

その売出期間は2022年1月24日〜2月17日、行われる。その決定日は2022年2月21日に、その期日は2022年2月23日に予定される。そして、その小売国債(ORI021)は2025年2月25日に満期となる。

「小売国債(ORI021)に投資する興味を持っている国民は今、電子システムを通じて、直接な注文を受取る為、任じられた28配布連携相手に連絡することによって登録出来ます。」と財務省の予算金融リスク管理総局は公式声明に述べた。

idnfinancials.comのデータによると、小売国債(ORI021)の発行から得られた収益はインドネシア政府が国家予算に資金を提供する為、使途される。今年、インドネシア政府は小売国債を6回発行する計画である。 (NR/KR/ZH)