SRIL - PT. Sri Rejeki Isman Tbk

Rp 146

0 (0%)

【ジャカルタ】2022年1月25日(火)にスマラン地方裁判所の債権者会合を行った後、PT Sri Rejeki Isman Tbk (SRIL)の債権者が提起された倒産請求又は債務支払い義務の停止は和解で終了した。それはSRILの会社秘書役、Welly Salam氏が2022年1月26日(水)に情報開示に述べられた。

「2022年1月25日(火)に審査員団の議事によれば、和解計画はホモロゲーションされたスマラン地方裁判所の債権者会合の間に当社やその子会社が提出されました。」とSalam氏は述べた。

Salam氏によると、そのホモロゲーションによって、SRILとその子会社は最早、債務支払い義務の停止の状態ではないそうである。その子会社はPT Sinar Pantja Djaja、PT Bitratex Industries、PT Primayudha Mandirijayaである。

以前、知られたように、SRILは2021年4月19日にスマラン地方裁判所にIDR 5.5 billionの訴訟を提起したCV Prima Karyaを含め、幾つかの債権者から訴訟に直面した。 (NR/LK/ZH)