【ジャカルタ】インドネシアの唯一の電力会社、PT Perusahaan Listrik Negara (Persero)又はPLNは2021年1月〜9月、IDR 12.39 trillionの純利益を記録した。

その純利益はIDR 212.82 trillionに及んだ収入が支援された。その収入は2020年1月〜9月に比べ、2021年1月〜9月、前年比、3.97%伸びた。

情報上、PLNは2020年1月〜9月、IDR 10.98 trillionの損失を記録した。idnfinancials.comのデータによると、2020年1月〜9月、PLNが直面された塊状な損失は4.3倍増加した外国為替差損が原因であった。一方、2021年1月〜9月、当社はIDR 308.36 billionの外国為替差益が支援され、利益を再び、記録した。

消費者セグメントに基付き、国有企業への電気売上高はIDR 4.45 trillionを記録された。そして、公共消費者への電気売上高はIDR 19.71 trillionを、機関・省庁への電気売上高はIDR 8.62 trillionを、軍事力・警察への電気売上高はIDR 1.17 trillionを記録された。

近時、リリースされた財務報告書によれば、2021年9月30日現在、PLNの全資産はIDR 1,606 trillionを、その全持分はIDR 650.18 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)