PTBA - PT. Bukit Asam Tbk

Rp 3.770

-60 (-1,59%)

【ジャカルタ】PT Bukit Asam Tbk (PTBA)とPT Jasa Marga (Persero) Tbk (JSMR)はJSMRの全ての有料道路で太陽光発電所を設置する。その協調は2022年2月2日(水)にバリで締結された世界的炭素排出量を削減するプログラムを支援する努力である。

引用されたプレスリリースにおいて、PT Jasa Marga (Persero) Tbk (JSMR)の取締役社長、Subakti Syukur氏が締結された了解覚書(MoU)は持続可能な有料道路を設立する為、PTBAとJSMR間の連携の初期段階を示すと語った。「Jasa Margaは全ての有料道路の事業展開の見通しの潜在的を、生産的連携の見通しを持っております。」とSyukur氏は述べた。

一方、Bukit Asamの取締役社長、Arsal Ismail氏がその双方間の連携は積極的な貢献を提供出来るよう、期待されると語った。「それは今年、企業事業変換に対する戦略実行を反映します。」とIsmail氏は述べた。

Ismail氏によると、Jasa Margaとの連携は当社の新・再生可能エネルギー資源分野のポートフォリオを強化する目的でもあるそうである。その新・再生可能エネルギー資源の開発は2016年にインドネシアが批准されたパリ協定の実行通りである。 (NR/LK/ZH)