KAYU - PT. Darmi Bersaudara Tbk

Rp 50

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Damai Bersaudara Tbk (KAYU)はCOVID-19パンデミック為、困難な輸出に直面するにも拘らず、2021年に1,030立方メートルに及んだ木材輸出を発表した。

KAYUの取締役社長、Nanang Sumartono Hadiwidjojo氏が東南アジアに広がったパンデミックは輸出費に影響を与えても、当社は2021年に輸出する努力をしていると語った。

「同時に、我々は出発港湾及び港湾先の容器不足がトリガーされ、塊状に増えた容器賃貸価格を体験しました。」とHadiwidjojo氏は2022年2月15日(火)に公式リリースに述べた。

しかし、当社は今年、輸出売上を最適化出来た。2022年2月15日現在、輸出販売量は1月に122.2立方メートル及び2月1日〜15日、257.08立方メートルを含み、379.28立方メートルに及んだ。

情報上、輸出売上は当社の収入の最大の貢献者である、当社の公式声明によれば、輸出市場は全売上の90%を貢献した一方で、残り10%は国内市場によるものであった。 (NR/KR/ZH)