INCO - PT. Vale Indonesia Tbk

Rp 6.175

+375 (+6,00%)

【ジャカルタ】PT Vale Indonesia Tbk (INCO)は2021年末にUSD 165.79 million、100%伸びた純利益を記録出来た。それは増えたニッケル価格及び当社が実行されたコスト効率が支援された。

「我々はCOVID-19の影響を成功に最小限しました。それに、増えたニッケル価格及び効率が高いコストの使い方は当社の財務業績に好影響を与えました。」とPT Vale Indonesia Tbk (INCO)の最高経営責任者兼取締役社長、Febriany Eddy氏は2022年2月24日(木)に公式声明に述べた。

その財務報告書によれば、INCOは2021年にUSD 953.2 millionの売上高を記録し、USD 764.7 millionの2020年に比べ、25%伸びた。それはトン当たりUSD 10,498の2020年に比べ、2021年にトン当たりUSD 14,309に増加したマットニッケル配送の平均価格が支援された。

売上高が増えたにつれて、その純利益は2021年にUSD 165.79 millionを記録され、USD 82.81 millionの2020年に比べ、100%伸びた。一方、その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)は2021年にUSD 391.9 million、前年比、44%も伸びた。

2021年に、その流動性は堅固であった。その現金残高は2021年末にUSD 508.3 millionを記録された。それは2020年に比べ、ほぼUSD 120 millionを増加した。「その増えた現金残高は当社の成長プロジェクトを実行する為、強力な基礎を提供します。」とEddy氏は述べた。 (NR/AM/ZH)