KAYU - PT. Darmi Bersaudara Tbk

Rp 50

0 (0%)

【ジャカルタ】木材メーカー、PT Darmi Bersaudara Tbk (KAYU)は2022年第1四半期中、約26容器又は550.2111立方メートルの加工木材を輸出した。その容積数の中に21容器はインドに輸出された。

PT Darmi Bersaudara Tbk (KAYU)の取締役社長、Nanang Sumartono Hadiwidjojo氏がその実績は今年末まで、450容器の木材輸出目標を達成する事に対して当社の楽観を増やしたと語った。「そして、当社の容積拡大に対する具体的な一歩として、600容器は2023年末まで、輸出されます。」とHadiwidjojo氏は2022年3月22日(火)に引用されたプレスリリースに述べた。

Hadiwidjojo氏によると、2020年頭、発生し始めたCOVID-19パンデミックは木材輸出を落胆させた時期があったそうである。しかし、それは今年、パンデミック事件が減るにつれて、現在、改善兆しを見せている。その上、経営陣は輸出先における既存のネットワークで連携をも築き続け、維持し続ける。

「新たなワークショップ管理の連携相手に関して、当社は2022年2月に交渉段階を通じて、連携手続きを開始し、2022年上期に完成する予定です。」とHadiwidjojo氏は述べた。

Hadiwidjojo氏がインドにおけるKAYUの支社、2019年に設立されたコルカタのSRPティンバーは当社にかなり塊状な貢献額を貢献したと語った。昨年、インドへの輸出は48容器に、ネパールへの輸出は3容器に及んだ。 (NR/LK/ZH)