【ジャカルタ】独占的慣行と不健全な事業競争に対する法執行はほぼ2年間の緩和後、2022年5月1日から再び、有効となる。商戦監督委員会(KPPU)はCOVID-19パンデミックの最中に経済を興す為、法執行緩和を発行した。

2022年4月7日(木)に引用されたプレスリリースにおいて、商戦監督委員会(KPPU)所長、Ukay Karyadi氏が独占的慣行と不健全な事業競争に対する緩和政策の廃止は現在、事業活動はパンデミック状態に当てはめることが出来る為だと見なすと語った。

「COVID-19パンデミックの最中に実行されるニューノーマルによって、事業者に対する独占的慣行緩和政策は不必要だと見なされます。」とKaryadi氏は述べた。

その規制の基本的な法的は独占的慣行と不健全な事業競争に対する法執行緩和に関する商戦監督委員会(KPPU)規制No.3/2020の廃止に関する商戦監督委員会(KPPU)規制No.2/2020である。以前、述べられたように、その緩和政策はCOVID-19パンデミックの影響を受けた事業家に対する応答において商戦監督委員会(KPPU)が作られた。それは株式取得の通達期限を30日間から60日間に延長される事、広がりパンデミックを制御する為、協定における支配的な位置の利用、国家予算又は地方政府予算が提供される商品やサービス補給に対する法執行緩和を含める。

「商戦監督委員会(KPPU)は商品やサービス補給を、30日間の株式取得通達の〆切を、警告書に対する14日間の応答を厳しく監視していきます」。 (NR/LK/ZH)