【ジャカルタ】多国籍ファッションメーカー、H&Mグループは2022年4月13日にPT Perusahaan Listrik Negara (Persero)から60,000メガワットアワー(MWh)の新・再生可能エネルギー系電力の契約を締結した。その契約は2026年まで、有効となる。この新・再生可能エネルギー利用は西ジャワ州における10名の生産業者の連携相手に設置される再生可能エネルギー認可証を通じて、実行される。

インドネシアのH&Mグループ生産事務所のカントリーマネージャー、Frank Blin Gonsalves氏がその新・再生可能エネルギー利用は地球温暖化を抵抗する事において当社の言質であると語った。「PLNとH&Mの工場連携相手間の再生可能エネルギー認可証の契約は2060年にインドネシアのネットゼロ排出目標を支援する目的があります。」とGonsalves氏は2022年4月14日(木)に引用されたプレスリリースに述べた。

その10工場連携相手はPT Royal Puspita、PT Doosan Jaya Sukabumi、PT Doosan Dunia Busana、PT Panasia Jaya Abadi、PT Busana Indah Global、PT Kreasi Garment Cirebon、PT C-Site Texpia、PT Minu Garment Sukses、PT Dreamwear、PT Kahatexである。

PLNのジャワ、マドゥラ、バリ地域の小売副社長、Abdul Farid氏がその再生可能エネルギー認可証は透明で尤もで世界的に認められる新・再生可能エネルギー利用に関する認知を認める為、消費者を容易にさせると語った。「再生可能エネルギー認可証の実行によって、消費者は米国、カリフォルニアの『APX TIGRS』と言う国際的追跡システムを通じて、監査されることが出来る電力を使用する事を保証されます。」とFarid氏は述べた。 (NR/LK/ZH)