ANJT - PT. Austindo Nusantara Jaya Tbk

Rp 845

0 (0%)

【ジャカルタ】粗パームオイルとパーム核の平均売価はPT Austindo Nusantara Jaya Tbk (ANJT)の業績を増加させた。その純利益は2022年第1四半期末にUSD 11 million、前年比、261.9%大幅に伸びた。それによって、その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)はUSD 12.9 millionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にUSD 23.7 millionに増加した。その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)率は21.9%の2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期に31.4%も伸びた。

ANJTの取締役社長、Lucas Kurniawan氏が第2北スマトラ農園と西カリマナタン農園のフレッシュフルーツバンチズ生産は残り2022年中に増えると予測されると語った。したがって、今年、業績を強化していく。

「我々は特に、ブリトゥン島農園と第1北スマトラ農園に、植え替え戦略を実行することによって利益性とキャッシュフローを維持しながら、椰子の年齢プロフィール均衡を優先していきます。」とKurniawan氏は2022年5月9日(月)の公式リリースに述べた。

2022年第1四半期中、ANJTは173,339 MTのフレッシュフルーツバンチズを生産した。2020年に商業的生産檀家に入ったばかりであった西パプア農園は全資産の15%を貢献した。それは2021年第1四半期に比べ、ほぼ40%伸びた。2022年第1四半期に成功したANJTの業績は78%伸びたサゴ粉の売上高や175%伸びた生鮮・冷凍枝豆の売上高が支援された。 (NR/AM/ZH)