BSSR - PT. Baramulti Suksessarana Tbk

Rp 4.140

-140 (-3,00%)

【ジャカルタ】1990年に設立された採炭会社、PT Baramulti Suksessarana Tbk (BSSR)は2021会計年度の純利益から取られるIDR 1.07 trillion又はUSD 75 millionの最終配当を流通する。

その計画は2022年4月末に開催された定時株主総会の結果通りである。流通されるその配当金はUSD 205.16 millionの2021年の全純利益の36.6%に等しい。

その配当金は2022年5月19日に記録された株主に流通される。各株主は一株当たりIDR 411.05の配当金を得る。その配当金は2022年5月24日に流通される。

idnfinancials.comのデータによると、2021年にBSSRの純利益は好調な売上高業績が支援された。その売上高はUSD 691.37 millionを記録され、前年比、100%伸びた。それは1,367万トンに及んだ石炭売上高が主に支援された。

2022年5月9日現在、BSSRの株主構成はPT Wahana Sentosa Cemerlang(50.01%)、Tata Power International Pte Ltd(26%)、GS Energy Corporation(9.74%)、PT GS Global Resources(5%)、公共投資家(9.26%)、BSSRの幾つかの取締役・監査役(残り小さな所有権)である。 (NR/KR/ZH)